【肋間神経痛】

  • 肋骨から肩甲骨に激しい痛み
  • 大きく息を吸うことが出来ない
  • 背中を丸めた仕事が多い
  • 咳き込んだ時に胸や脇が痛い
  • 日常生活でマスクをつけている

本日は数多くある整骨院の中から当院を
ご覧いただきありがとうございます。

病院や整形外科で「肋間神経痛」と
言われ、薬や注射で治療で誤魔化しながら
日常生活を送っていた方。


他の整骨院やマッサージなどで『肋間神経痛』を楽にする努力をしてきた方。

「本当に良くなるのか?」
「また一時的に楽になるだけではないか?」
「自分に合った施術方法なのか?」
と不安に思う方も多いはずです。

そんな方に

【初回2,980円】

の価格をご用意しました!!
ご自身の身体に合うか1度お試しください。

『現段階ではまだ不安ですよね?』

そんな不安が吹き飛ぶように私が責任を
持って誠心誠意ご対応します。
安心してください!
もう1人で不安と闘わなくて良いですよ!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最近お問い合わせを頂いた際に
ご予約が埋まっていることが多く

予約が取りづらい状況となっております
ご予約をご希望の方はお早めにご連絡頂けると幸いです。

 

予約状況やご予約の空き情報はホットペッパー
からもご確認できます。ホットペッパーマークを
タップすると当施設のページにジャンプします。
ぜひご活用ください。

下記内容もご参考にしてください。

そもそも肋間神経痛とはどういう状態なのか

脊髄から肋骨に沿っている神経を肋間神経と呼びます。
この肋間神経が何らかの原因によって痛むもしくは痺れるような症状を肋間神経痛といいます。

 

痛みの感じ方は

「急に電気が走るような痛み」
「ジクジクとした持続する痛み」
「麻酔をされているような鈍い感じ」

などがあり、痛みの起こる場所は
・背中
・脇腹
・胸の前面
が多くなってます

肋間神経痛と肺の痛みの鑑別ポイント!

心臓・太い血管や肺などの内臓の疾患が原因で起こる胸の痛みとの違いは、痛む場所や範囲がはっきりしており、肋骨に沿って起こる比較的鋭い痛みということです。特徴的なのは、上半身の右側か左側のみに起こり、特殊な場合を除いて左右両側に起こることはありません。

原因はさまざまで解明されていないものもありますが、明らかに原因がある場合を症候性肋間神経痛、明らかな原因がない場合を特発性肋間神経痛といいます。

症候性肋間神経痛の原因は、変形性脊椎症・胸椎椎間板ヘルニア・脊椎腫瘍など脊椎に原因がある場合、そして肋骨骨折や肋骨の腫瘍が原因となる場合があります。これらが原因の場合は身体を動かした時、特に上半身を前後に曲げたり、左右に曲げたり廻したりすると痛みを強く感じることがあり、時には「息ができないほど痛い」こともあります。

脊椎や肋骨に原因がない場合に起こる症候性肋間神経痛の代表的なものは、帯状疱疹です。帯状疱疹は、帯状疱疹ウイルスが神経の中を通って皮膚に達して皮疹を起こす疾患ですが、胸部に発症すると肋間神経痛を起こします。帯状疱疹による肋間神経痛は、皮疹の有無に関わらず「ヒリヒリ」「ジクジク」とした皮膚表面の持続的な痛みを感じます。

病院やよくある整骨院・整体院での一般的な対処法

肋間神経痛で病院や整骨院にいくと一般的な対処法として

・消炎鎮痛剤内服や外服
・注射
・温熱治療
・手技治療

というものがあります。
ですが、なかなかこれでは良くならないのが現状です。

では、どうしてあなたの肋間神経痛の症状は軽減しないのでしょうか?

なぜなら肋間神経痛の本当の原因は呼吸の浅さだからです

特に肋骨周囲の筋肉が影響しています。

一般的に原因として考えられるのは何らかの影響で肋間神経を圧迫されておこる突発性神経痛と、ヘルペスウイルス感染後神経痛などの原因疾患の明白な続発性(症候性)神経痛があると言われています。

突発性神経痛の場合での肋間部の神経の圧迫の原因は繰り返された姿勢不良により肋間部の神経が圧迫を受け痛みへと変わっています。

いずれにしても痛みが出る前から日常で呼吸が浅くなり呼吸筋の活動の低下が見られることが多いです。
結果的に呼吸筋の筋肉が働かない=必要がないと脳に信号がいき、どんどん筋肉の硬化を進め神経の圧迫を促したりします。

ではなぜ当院では 肋間神経痛に対応することができるのか?

当施設では

『肋間神経痛に特化した専用の施術』

を行なっています。


ここからは簡単にご来院〜お会計までの流れをまずご説明します。
肋間神経痛に特化した施術とは何か?
は後半に記載してます。

姫路市東延末のTHS整骨院では

1.初回の問診

2.様々な角度からの検査

3.カウンセリング

を特に大切にしております。

4.施術

5.アフターケア

6.お会計

となります。

1〜3がなぜ必要なのかご説明していきます。

まず問診時では
『肋間神経痛』になっていることで
・どんなことに困っているのか?
・どういった悩みから抜け出したいのか?
・どうしてそれを解決したいのか?
・今後どういう風に生活したいのか?
・その目標に対して現状はどうなのか?
など症状の経過や施術の履歴、他院での評価なども含めて問診時にお話を聞かせて頂きます。

次に現在のお身体がどのような状態になっているのかを

・筋肉の状態
・関節の可動域
・関節の状態
・運動神経、感覚神経

などいろいろな視点から検査し・現状を
評価をし、お悩みを起こしている
原因を見つけていきます。

そして問診・検査を通して分かったことを
「お身体の状態の説明」
「当施設がお役に立てるかの判断・お役に立てる場合の施術計画・通院計画」
「概ねの施術期間」
「料金説明」
なども含めてお話します。

ではここで施術の1部をご紹介します。
姫路・THS整骨院&THSGYMでは

①局所に特殊な手技療法を行います。
②手指〜肘、上腕の筋肉に手技療法を行います。
(→肋骨に負担をかける要因が手指や肘・上腕だった場合、
一時的に局所を施術しても肋間神経痛を再発するからです。)
③大胸筋の施術を行い姿勢の矯正を行います
④肋骨に対して捻れを取る施術を行います
⑤肩・首に対してのセルフケアをお伝えします

 

検査を行なった結果で『肋間神経痛』を引き起こす
問題が他にもあれば、
再発リスクを減らすために
施術を入れていきます。

その結果
多くの『肋間神経痛』にお悩みの方の
お役に立つこと
できました。

予約状況やご予約の空き情報はホットペッパー
からもご確認できます。ホットペッパーマークを
タップすると当施設のページにジャンプします。
ぜひご活用ください。

なかなか改善しない肋間神経痛に悩む方へ

最後まで文章をご覧頂きありがとうございます。ご自身に当てはまるような内容はありましたでしょうか?ここに書かせてもらっているのはほんの一部にしかすぎません。人それぞれお悩みの感じ方は違いますので、少しでも似たような内容がありましたら、ご相談頂けると幸いです。 また、本日は数多くある整骨院の中から当院をご覧いただき誠にありがとうございます。 少しでも何かヒントになって頂けたなら良かったです。

病院で診断を受け、薬や注射で治療をしてきて誤魔化しながら日常生活を送っていただいた方。
他の整骨院やマッサージなど『肋間神経痛』を軽減させるために努力していただいた方。
様々な治療を受けることで「本当に良くなるのか?」「また一時的に軽減するだけで良くならないのではないか?」「自分に本当に合った施術なのか?」と不安に思う方も多いはずです。
そんなあなたに寄り添えるように【初回2,980円】という価格をご用意しましたので、ご自身のお身体に合うか、本当にここなら良くなるのか一度お試しください。
私たちが皆様にとって最後の砦となれるように精一杯の施術を行いますので、諦めず一緒に『肋間神経痛』を軽減させていきましょう!

最後に大切なことですのでもう一度お伝えします。 どこに行っても軽減せず諦めているその『肋間神経痛』を当院に1時間だけお時間頂けないでしょうか? 【初回2,980円】でご自身のお悩みに添えるか当院を試してみてください。