ばね指

  • 指を伸ばそうとしても思うように伸びない
  • 湿布をつけて安静にしているのに良くならない
  • ばね指で家事に支障がでている
  • 病院で注射をしているのに良くならない
  • 病院で「手術」といわれている

そもそもばね指とはどういう症状なのか

バネ指とは、指を曲げた状態から伸ばす時に伸びないことや「カクン」と音を立てるようにして急に伸びてしまうことを言います。人によっては痛みや熱感もあり、日常生活で手を使うことに不自由さを感じます。
更年期の女性や妊娠した時に起こりやすいと言われています。また、手の使いすぎによっても起こりやすくなります。

病院やよくある整骨院・整体院での一般的な対処法

ばね指で病院や整骨院にくと一般的な対処法として

・手術療法
・薬物療法(飲み薬、注射)
・温熱療法
・運動療法

というのものがあります。
ですが、なかなかこれでは対応できないのが実情です。

では、どうしてあなたのばね指は軽減しないのでしょうか?

なぜならばね指の本当の原因は使いすぎだからです

仕事やスポーツで指を良く使う女性に多く、女性ホルモンの働きが弱くなると、
腱や腱鞘が使いすぎることにより分厚くなります。
分厚くなった腱と腱鞘で引っかかりが強くなり摩擦が生じて、
炎症が起こり腫れやすくなります。

では、なぜ当院ではばね指に対応することができるのか

それは特殊手技治療を行うから!

バネ指で起こっていることは「ベルトとベルト通し」の関係で、「ベルト=腱」で指を動かす組織になり、「ベルト通し=腱鞘」で腱を通しているトンネルのようなものです。
そのトンネルが狭くなってくると腱を圧迫し、指を動かすことが不自由になります。
なので、トンネル部分での圧迫を取り除くように、指一本一本の関節を矯正していきます。
また指を動かす筋肉が肘の近くについているため、そこを調節してあげることも必要になります。

その結果、多くのばね指でお悩みの方を症状軽減に向かうお手伝いを
させていただくことができました。

なかなか軽減しないばね指に悩む方へ

本日は数多くある整骨院の中から当院をご覧いただきありがとうございます。

病院で診断を受け、薬や注射で治療をしてきて誤魔化しながら日常生活を送っていた方。
他の整骨院やマッサージなどでバネ指を軽減させるために努力してきた方。
様々な治療を受けることで「本当に良くなるのか?」「また一時的に軽減するだけではないか?」「自分に合った施術なのか?」と不安に思う方も多いはずです。
そんなあなたにお試し価格をご用意しましたので、ご自身の身体に合うか一度お試しください。
私たちが最後の砦となれるように精一杯の施術を行いますので、諦めず一緒にバネ指を軽減させていきましょう!