顎関節症

  • 口を開けることでポキポキ音がなる・ずれる
  • 口を開けると痛みが出て辛い
  • 口を大きく開けることができない
  • 顎が痛くて頭痛が出る
  • 食べ物を噛むと痛くて辛い

痛くて痛くてたまらない顎関節症。。
病院に行っても痛み止めやマウスピースだけ。。

治らないのかな。。。と諦める前に
当院に1度だけ少しのお時間頂けないでしょうか?

その顎関節症に痛みは顎だけの問題ではないかもしれません。

そもそも顎関節症とはどういう症状なのか

顎関節症とは、顎関節(上顎・下顎)の関節面の不安定性や運動軸の異常により顎関節周囲の咀嚼する筋肉が緊張したり、首回りの筋肉が緊張したりすることで本来の動きができず、痛みや不安定感が開口障害、顎を開けた際の雑音が出現します。

顎関節症で病院や歯科医院・整骨院での一般的な対処法!

顎関節症で病院や歯科医院・整骨院にいくと一般的な対処法として

・マウスピース
・電気治療
・痛み止めの薬
・歯列矯正
・あご回りのマッサージ

というものがあります。
ですが、なかなかこれでは軽減しないのが実情です。

では、どうしてあなたの顎関節症は軽減しないのでしょうか?

なぜなら顎関節の位置の異常が整っていないからです

特に顎関節の内部にある軟部組織が影響しています。

顎関節の本来の位置は下顎と上顎がしっかりとカップリングされている事で痛みなく食べ物を噛めたり会話が出来たりします。
上顎骨は頭の骨の一部ですが、下顎骨は浮遊骨で本来軟部組織や筋肉で補強されております。

顎関節症はその下顎骨単体に負担がかかり、正常な位置から日頃のストレスや顎関節に対して直接してはいけない事を行う事で顎関節の運動軸がずれてしまい、顎関節に大きなストレスとして軟部組織に炎症として反応が起こり、それが筋肉の緊張に繋がります。
また顎関節に直接影響することに関しては身体の姿勢不良や頬杖、精神的なストレス、大きなあくびなどの何気ない日常生活が大きく影響しています。

では、なぜ当院では顎関節症を軽減させることができるのか?

それは、顎関節の運動軸を調整するからです!

上記記述にもある通り下顎骨は浮遊骨で軟部組織や筋肉によって固定されています。

なので、顎関節症と言われマッサージやマウスピースだけでは施術としては不十分なのです。
運動軸まで整えてあげて初めて顎関節に痛みや違和感なく生活が送れるようになります。

ですので、姫路・THS整骨院&THSGYMでは顎や顎の筋肉が一部付着している頚椎や肋骨、肩甲骨などの位置も調整しつつ、身体全体を本来のあるべき位置に近づけてあげることで、顎関節にかかる負担を軽減させることができます。
また、身体を整えて終了ではなく、今後負担がかからないように自宅での注意点やトレーニングを行い皆様にとって最善のサポートを致します。

その結果、多くの顎関節症にお悩み方の方の症状軽減に向かうお手伝いをさせていただくことができました。

なかなか軽減しない顎関節症に悩む方へ

本日は数多くある整骨院の中から当院をご覧いただきありがとうございます。

当院では初回の問診・検査・カウンセリングで皆様の概ねの施術計画が決定します。
ですので、当院では初回の対応に重点を置いておりますので様々な検査をさせて頂きます。

まず、問診時にいつから顎関節症のお悩みが出ているのか?
症状の経過や施術の履歴、他院での評価など問診時に皆様の日常の癖などをお聞きしていきます。

そこから事前に検査をする内容もありますが、整形学的検査や可動域、運動神経、感覚神経などあらゆる観点から評価をしていきお悩みを起こしている要因を見つけていきます。

そして問診・検査を通じて知り得た情報を用いて直接的な要因や間接的な要因を皆様にお伝えしていきます。

また、その段階で当院での施術が可能か不可能かを判断していきます。

病院で診断を受け、薬や注射、マウスピースで誤魔化しながら日常生活を送っていた方。
他の整骨院やマッサージなどで顎関節症を軽減させるために努力してきた方。
様々な施術を受けることで「本当に良くなるのか?」「また一時的に軽減するだけではないか?」「自分に合った施術なのか?」と不安に思う方も多いはずです。
そんな不安いっぱいの状態だと思いますがあなたの1時間を私にください。
ご自身のお身体にもう一度向き合ってみませんか? 
私たちが最後の砦となれるように精一杯の施術を行いますので、”諦めず”一緒に顎関節症を軽減させていきましょう!